第十二話 マーケットを活用しよう!



第12話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 T:「天狐さんは今回マーケットについて教わったみたいですね!
      とっとこさん同士でアイテムの売り買いができる便利な場所のようですが、
      なんだかたくさんアイテムがあって欲しい物を探すのが大変そうです…」

 
使い魔

使い魔 V:「確かに種類分けされてはいますが、かなりのアイテムが出品されていて
      パッと見ただけではどんなアイテムがあるか見分けるのも一苦労です。
      しかしフィルター機能を使うことで探しやすくなるんですよ!」


使い魔

使い魔 T:「これなら探しているアイテムを見つけやすくなるので、
      あとは価格を確認して購入するかどうか決めるだけですね!
      では、出品したい場合はどうすれば良いでしょうか?」

 
使い魔

使い魔 V:「その場合はアイテムの詳細から行うことができ、
      個数と価格を設定して問題なければ出品完了です!
      ただし、出品不可能な物もありますのでご注意ください!」


使い魔

使い魔 T:「なるほど、そんな簡単に出品できるんですね!
      では余っているアイテムをどんどん出品して…♪
      あ、あれ、出品できなくなってしまいました…」


使い魔

使い魔 V:「ひとつ言い忘れていましたが、先日お話ししたグレードによって
      出品できる数に限りがあるので気をつけてください!
      …おや、出品していたアイテムが売れたみたいなので確認してきますね。
      またどこかでお会いしましょう!」


使い魔

使い魔 T:「はい、色々とありがとうございました!
      とっとこさんもマーケットで欲しい物を探してみてくださいね!
      それでは、次回もお楽しみに〜〜!!」





◀︎第十一話 TOP 第十三話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ
最新記事
カテゴリ
Twitter
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別記事