第十三話 オークションに挑戦しよう!


※ 現在オークション機能は廃止されております。


第13話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 E:「とっとこさん、こんにちは。使い魔Eです!
      マーケットでお会いした使い魔Vさんから事情を聞いてお手伝いしにきました!」


使い魔

使い魔 T:「使い魔Eさん、よろしくお願いいたします!
      突然なのですが、使い魔Eさんはオークションを利用したことがありますか?
      私は見たことはあるのですが利用したことがなくて…」

 
使い魔

使い魔 E:「ええ、何度か利用したことがありますよ。
      オークションについて、なにかお困りですか?」

 
使い魔

使い魔 T:「そうなんですよ…
      実は出品されていたアイテムが[600,000kgm]で入札されるところを
      見かけたのですが、この[kgm]って一体何なんですか?」


使い魔

使い魔 E:「オークションでは取り扱う価格の桁が多いので
      [1kgm] = [1,000gm]という省略された表記になっています!
      [gm]が分からないとっとこさんはコチラをご覧くださいね!」


使い魔

使い魔 T:「ふむふむ…だとすると、先ほど見た価格は、
      いち、じゅう、ひゃく…
      ……
      ………
      [600,000,000gm]!!!
      わふっ!とってもお高くて手が出せないですよ〜!!」


使い魔

使い魔 E:「そんな時は、手持ちのアイテムを出品して[gm]を稼ぐことができますが、
      オークションへの出品には『オークションの槌』が必要なのでお忘れなく!
      出品や入札について詳しく知りたいとっとこさんはコチラをご覧くださいね。」


使い魔

使い魔 T:「なるほどです!
      私もコレクションしている物の中に出品できそうなアイテムがないか探して
      オークションに挑戦してみようと思います!
      それでは、次回もお楽しみに〜!!」

      



◀︎第十二話 TOP 第十四話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ

第十二話 マーケットを活用しよう!



第12話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 T:「天狐さんは今回マーケットについて教わったみたいですね!
      とっとこさん同士でアイテムの売り買いができる便利な場所のようですが、
      なんだかたくさんアイテムがあって欲しい物を探すのが大変そうです…」

 
使い魔

使い魔 V:「確かに種類分けされてはいますが、かなりのアイテムが出品されていて
      パッと見ただけではどんなアイテムがあるか見分けるのも一苦労です。
      しかしフィルター機能を使うことで探しやすくなるんですよ!」


使い魔

使い魔 T:「これなら探しているアイテムを見つけやすくなるので、
      あとは価格を確認して購入するかどうか決めるだけですね!
      では、出品したい場合はどうすれば良いでしょうか?」

 
使い魔

使い魔 V:「その場合はアイテムの詳細から行うことができ、
      個数と価格を設定して問題なければ出品完了です!
      ただし、出品不可能な物もありますのでご注意ください!」


使い魔

使い魔 T:「なるほど、そんな簡単に出品できるんですね!
      では余っているアイテムをどんどん出品して…♪
      あ、あれ、出品できなくなってしまいました…」


使い魔

使い魔 V:「ひとつ言い忘れていましたが、先日お話ししたグレードによって
      出品できる数に限りがあるので気をつけてください!
      …おや、出品していたアイテムが売れたみたいなので確認してきますね。
      またどこかでお会いしましょう!」


使い魔

使い魔 T:「はい、色々とありがとうございました!
      とっとこさんもマーケットで欲しい物を探してみてくださいね!
      それでは、次回もお楽しみに〜〜!!」





◀︎第十一話 TOP 第十三話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ

第十一話 装備品を身につけよう!



第11話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 T:「天狐さんは装備品について教わったみたいですね!
      かっこいい装備を身につけて、私もみんなから注目されたいです!」

 
使い魔

使い魔 V:「注目されたいということでしたら防具には『キグルミ』という
      装備すると見た目が変わる特殊なものがありますよ!
      詳しくはこちらを見てください。」


使い魔

使い魔 T:「見た目が変えられるのはいつもと雰囲気が変わって楽しそうです!
      でも『キグルミ』というだけあって防御力は低そうですね…」

 
使い魔

使い魔 V:「そうなんです、あくまでも見た目重視なので
      装備したまま強敵と戦わないようにしてくださいね。」


使い魔

使い魔 T:「場面に合わせて装備を使い分けるのが大切なんですね!
      ですが『キグルミ』でなくてもステータスがあまり上がらない
      装備品はどうしたらいいのでしょうか?」


使い魔

使い魔 V:「その場合は素材を使って装備強化ができます!
      だだしとっとこさんのグレードが装備品のグレード以上
      でないと強化できませんので注意してください!」


使い魔

使い魔 T:「様々な装備品を使い分けることで討伐を有利に運んだり、
      自分をアピールしたり…いろんな事が出来るんですね!」


使い魔

使い魔 V:「そういうことです♪
      いろんな装備を身につけてお気に入りを見つけてみてくださいね!
      それでは、次回もお楽しみに〜〜!!」





◀︎第十話 TOP 第十二話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ

第十話 グレードとは?



第10話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 V:「おや、とっとこさん初めまして。
      僕は使い魔Dさんに代わりお手伝いさせていただく
      使い魔Vと申します。以後お見知り置きを!」


使い魔

使い魔 T:「使い魔Vさん、よろしくお願いします!
      このグレードというものをあげていくと
      とっとこさんにとって便利な機能が増えていくんですね♪」

 
使い魔

使い魔 V:「はい、なので上げて損はありません♪
      ただしグレードを上げるには専用の特殊アイテムが必須となり、
      幻獣のクラスやレベルも関係していますのでご注意を!
      条件につきましては、アイテムの詳細を確認してみてくださいね。」


使い魔

使い魔 T:「なるほど、必要な条件を満たしていないと
      アイテムを持っていても意味がないんですね…。」

 
使い魔

使い魔 V:「そうなんです…とくに先日お話した『転生』をした直後は
      クラスもレベルも下がってしまいますので、要注意ですよ!」


使い魔

使い魔 T:「な、なるほど〜!!勉強になります!!!」

使い魔

使い魔 V:「幻獣たちを育てつつ、グレードを効率よく上げて
      便利な機能を解放していきましょうね!
      それでは次回もお楽しみに〜〜♪」




◀︎第九話 TOP 第十一話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ

第九話 トレードショップに行こう



第9話

* 画像タップorクリックで拡大できます *


使い魔

使い魔 T:「今回の天狐さんはトレードショップについて教わったようですね!」

使い魔

使い魔 D:「我輩も丁度、集めたアイテムの置き場に困っていたところですぞ!(くるぽ!)」

使い魔

使い魔 T:「以前ダンジョン探索でたくさんお土産を持って帰るって仰ってましたね!
      普段使い道がないアイテムでも、イベント期間中のトレードショップなら
      貴重なアイテムに交換できるかもしれませんよ!」

 
使い魔

使い魔 D:「むむっ、美味しいと噂に聞いて探していた『ブラッドジャム』を
      交換できるショップがあると嬉しいですな!(くるぽぽ!!)」


使い魔

使い魔 T:「う〜ん、私は見かけたことがないですが…
      曜日や幻獣の属性に合わせて出現するトレードショップもあるそうなので、
      探してみてはいかがでしょうか?」

 
使い魔

使い魔 D:「なるほど、こうしてはいられないですぞ!(ぽっ!)
      使い魔T殿、我輩ショップを覗きに行くので少々席を外しますぞ!!」


使い魔

使い魔 T:「い、行ってらっしゃ…ってもういない!?
      とっとこさんも、いろいろなアイテムを交換してみてくださいね!
      それでは次回もお楽しみに〜〜!!」




◀︎第八話 TOP 第十話▶︎



※ この物語と狐はフィクションですが本物と大きな差はありません。※



■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 狐の独り言 公式Twitter
@genmono2_K
■ 公式漫画
ココンと!!幻獣物語2 更新中!
■ 裏情報満載!
幻獣チラ裏物語
■ 幻獣物語2LINE@
友だちに追加して最新情報をチェック!
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ
◆スマートフォン版 ◆PC版

■ 幻獣物語2をダウンロード
◆App Store ◆Google Play

■ アップデート最新情報!
アップデート内容についてはコチラ
最新記事
カテゴリ
Twitter
リンク
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別記事